むし歯は進行度合いによって、症状と治療法は異なります。当然のことながらむし歯が侵襲した範囲が大きくなると削り取る部分も大きくなり、更に神経まで達しているとむし歯を削り取るだけでなく神経を取り除かなければいけないケースもあります。

ミニマル・インターベンション

当院ではミニマル・インターベーション(Minimal Intervention)の考え方を踏まえ、むし歯の管理における最小の介入によって身体への負担を軽減することを目指しています。

このミニマル・インターベーションには、(1)口腔内細菌叢の改変、(2)患者の教育、(3)エナメル質および象牙質の非う蝕性病変の再石灰化、(4)う蝕性病変への最小限の手術的介入、(5)不完全な修復物の修理の5つの原則があります。これは近年の歯科医療技術の進歩によって、むし歯治療の際には歯質を削るなど身体的負担を最小限にしていこうという考え方です。

削ることを否定するのではなく、むし歯の進行状態をしっかりと見ながら最小限の治療を施すということであり、当院でもやむを得ず「削る」という選択をすることもあると考えています。一時的な負担がかかったとしても、長い目で見てその患者さんの健康を考えると削ることが最善の場合もあるからです。 。そのためには

神経まで到達していない虫歯

症状としては神経に達していないので痛みを感じていない場合があります。但し、痛みが出ていないだけで実際には進行していることがあります。もちろん痛みを冷水がしみて痛い場合や、歯が黒ずんで 目に見える場合もあります。

治療方法

むし歯に侵された箇所を削り取り、代わりに詰め物をします。奥歯になると型取りなどをする為、数回の通院が必要となります。

神経まで達したむし歯

症状として歯に穴が開くために冷たいものがしみるだけでなく、熱いものもしみる場合があります。噛んだ時に痛みを感じるだけでなく、何もしていなくてもズキズキします。また虫歯が神経まで達した場合には神経内部でもむし歯の感染が広がっています。

治療方法

神経が感染していると判断した場合は、神経を抜き取ります。いわゆる抜髄というもので麻酔をして歯の神経を取ります。内部を綺麗に洗浄するために薬剤での消毒を行うため、繰り返し通院をお願いすることになります。神経が取り除かれ空洞となった場所に詰め物や被せ物をしますが、大きさによっては型取りから作製、接着の工程が入ります。健康な歯と比べるともろくなっている為に慎重に治療していきますが、強度を増すために内部に土台を形成したりと簡単には終わらない場合があります。

神経のない歯が痛む場合

以前に神経を取って治療した歯なのに冷たいものや熱いものがしみる。違和感があったり、ズキズキ痛むという場合です。歯の根の先に膿が溜まっている可能性があります。

治療方法

歯の根の先にある膿を出すために詰め物や被せ物などを取り除き、内部の土台も削り取ります。根の中の空洞(根管)の詰め物を外して、膿をなくします。膿がなくなるまで薬剤を使って治療します。その後は2と同様に土台から被せ物などの補綴物を作製し、接着する工程が入ります。