むし歯になりやすい奥歯を守る

Dental sealants

シーラント処置とはお子様の奥歯や前歯の噛み合わせ箇所にある溝にプラスチック樹脂やセメントを埋める処置のことです。期待される効果としては、溝を埋めることで溜まりやすい汚れから歯を守ることでむし歯を予防します。乳歯の奥歯や、生えて間もない6歳臼歯に行います。

シーラントとは

About Fluoride

シーラントとは、奥歯の噛む面の溝や窪みの部分にプラスチックのコーティング剤を埋め込む治療法です。対象となるのは、未就学児や低学年の時期の乳歯や生え始めの永久歯の奥歯です。奥歯の溝や複雑な形となっている歯の窪みは汚れがたまりやすく、不衛生な状態が続くとむし歯になりやすい為に予防として溝や窪みを密封します。

処置後の注意点

Usage notes

シーラントの材料はプラスチックやセメントを使用するために、強い力が加わった場合に割れる恐れがあります。コーティング剤が割れたり、剥がれてしまったり、隙間が出来たまま放置してしまうと、その箇所には汚れが溜まりやすくなります。
そのまま放置することで虫歯になったり、更にシーラントの下まで虫歯が広がってしまうリスクがあります。シーラントを行った後も定期的なメンテナンスを欠かさずに、通院することが重要です。
シーラントは全ての歯、また歯の全てを覆うことは出来ません。虫歯になり易い歯や箇所を予防する為の処置であり、必ず行わなければいけない処置ではありません。お子様の虫歯リスクで不安がある場合など、お気軽に当院の歯科医師にご相談下さい。

フッ化物塗布

Fluorine coating

フッ化物は、こどもの歯をむし歯から守るための予防処置に有効な成分です。フッ化物にはむし歯菌の活動を抑制するだけでなく、歯の成分を強化することでむし歯になりにくい歯に...