歯を強くすることで、むし歯予防に

Fluorine coating

フッ化物は、こどもの歯をむし歯から守るための予防処置に有効な成分なのです。フッ化物には自然界にも存在しているフッ素が含まれていて、むし歯菌の活動を抑制するだけでなく、歯の成分を強化することでむし歯になりにくい歯にする成分を歯面に塗布する治療です。

フッ素化合物の塗布について

About Fluoride

フッ素は、植物や動物だけでなく人間の身体にも含まれています。私たちが普段摂取している様々な飲食物にフッ素は含まれており、海産物は特に高い濃度のフッ素を含んでいます。このフッ素は人間の歯や骨を丈夫にする有益元素です。またフッ素と呼ばれるフッ化物、フッ素化合物には、歯垢の中に棲む細菌の活動を抑えることでむし歯が酸を作ることを防ぐ効果があります。また歯のエナメル質を修復する再石灰化を促進することで歯質を強化する効果があります。

安全性について

About safety

フッ化物歯面塗布は通常2、3カ月に1回程度の頻度で実施する方法であり、歯のフッ素症や骨硬化症などの慢性中毒の心配は全くありません。また急性毒性についても適切に応用された場合においては十分な安全性が確保されています。

フッ素塗布は歯質の弱い小児の歯(乳歯や生え始めの永久歯)に特に有効ですが、成人であっても歯質が弱くなった場合にも有効です。

シーラント

Dental Sealants

シーラント処置とはお子様の奥歯や前歯の噛み合わせ箇所にある溝にプラスチック樹脂やセメントを埋める処置のことです。期待される効果としては、溝を埋めることで溜まりやすい汚れから歯を守ることでむし歯を...