インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った箇所にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで機能回復を図るものです。人工歯根は骨と結合するためにご自身の歯と同じような感覚で噛むことが出来ます。 人工歯根の上部は見た目も自然で美しい仕上がりとなります。色や形もご自身の歯に近づけて作製するので、他の歯との見分けがつきにくくなり、ご自身の歯と同じように歯磨きなどを行えます。また他の歯に金具をつけたり、削ったりする必要もなく、他の天然歯を保護出来る治療法です。

インプラント治療の特徴

メリット

  • 人工歯根を埋め込むため、自分の天然歯のように噛める
  • 上部は天然歯に近い審美的な修復が可能
  • ブリッジや部分入れ歯のように隣の健康な歯を削る必要がない
  • 入れ歯のように取り外す必要がない

デメリット

  • 保険が適用されない
  • インプラントを顎の骨に埋め入れる手術が必要
  • 持病によっては治療出来ない場合がある
  • 自歯同様に歯や歯の周辺の衛生状態を保たなければいけない

インプラント治療の流れ

1 カウンセリング

所要時間 15分~30分
インプラント治療を始める前にカウンセリングを行います。人工歯根を埋め込み、その上部にはご自身の歯と合わせた人工歯を作成していきます。まずは治療期間や、インプラント治療に合わせて審美をするなどのご要望など、またインプラント治療についての疑問や不安などにお答えします。

2 検査・診断

所要時間 約30分
レントゲン写真や歯の型取りなどを取ります。現在の歯の状態を正確にお調べ致します。治療方法、治療期間、治療にかかる費用を説明させて頂き、治療を受ける前にご理解、ご納得頂いた上で進めていきます。

3 術前の処置

所要時間 30分~1時間
インプラントを埋入する箇所に歯や歯の根が残っている場合に抜歯などの前処置を行います。歯の場所や埋まった状態などで処置の時間は大きく変わります。なお、既に抜歯している場合にはこの工程は行いません。

4 インプラント体の埋入

所要時間 60分~90分
局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。インプラントを埋め込んだ後は、骨と癒着するまで期間をおきます。期間はインプラント体の種類、骨の健康状態、患者さんの体調によって異なります。

5 アバットメント装着

所要時間 30分~1時間
インプラント部分の精密な型取りを行います。患者さんに適したアバットメント(支台)のデザインを選択し、装着します。

6 人工歯の装着

所要時間 30分程度
アバットメントに適合するよう患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上部に取り付けます。

日常生活での注意点

日常生活では天然歯と同様に毎食後と就寝前に、丁寧に歯磨きをします。歯ブラシは固いものを使用せず、柔らかいものを使って力を加えずにブラッシングします。
インプラントが入ることによってしっかり噛める反面、過度な圧力がかかると上部構造の人工歯は天然歯と同様に欠けたり、割れたりする場合があります。また違和感を感じた場合には噛み合わせの調整が必要になるため、早めに通院して頂く必要があります。

治療後のメインテナンス

術後の人工歯や骨の状態、歯肉の状態などを定期的に歯科医師がチェックしていきます。
人工歯となっても汚れは付着し、それによって歯周組織へ悪影響を与える場合もあります。治療後も定期的なメンテナンスを受けることで長く使用出来ます。